えーりんのFX日記

レバレッジ規制開始。安定して儲かる取引を目指す(手法:窓埋め投資法、特定時間投資法等)ポンド円メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日(--) --時--分 ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドル円は25pip間隔がキーポイント?

今日のドル円Lはこの時間で若干助かったかという感じですが
一時85.5まで下がったのでポジ取る位置としては失敗でしょうか。
(普段ポンド円の含み損を抱えているときに比べると
なぜか不思議な安心感はありますが・・・)

ところで、ドル円チャートをみると大体25pip間隔で
反発があるようにも見えてきます。
介入初日84.75・85.0 翌日の下げ85.25 今日の下げ85.5
今日もこのまま下げず、明日も85.5を切らない場合、
FOMCを含む指標次第でさらに下値が切り上がってくるのかなと
いう感じです。
逆85.5を切れば、85.25ぐらいまでは下がってくるのかなと。
あくまでも感覚ですが。

(4時間足で拡大してるので見にくいですがMT4)
2010年9月20日 ドル円1
スポンサーサイト
[ 2010年09月20日(月) 17時59分 ] 関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0)

日本市場は休場・重要指標もないようですが。

ポン円・ポンドルが始値あたりまで戻してきました。
普段だったら134.3を、明確に抜ければ134.7ぐらいまでのL
もむようなら133.85ぐらいまでのSって感じでしょうか。

まあでも、今はむしろドル円がほぼ固定されている状況なので
ドル円の85.6台Lで10~20pip狙いが無難でしょうか。
ということで今日はドル円を細かく買っていく方針です。

ちなみに今日のポン円窓埋めは順方向(上窓なので売り)でよかったのですが
寝てたので利益は出てません・・・う。

2010年9月20日 ポンド円1


[ 2010年09月20日(月) 10時30分 ] 関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0)

為替介入でFXに「特需」=取引量、3倍の業者も

一日終わってみると、ユーロが若干下落したもののポン円・ドル円は
ほぼ元の位置に戻した形となりました。yahooニュース等でも
介入に係わる話題が度々取り上げられていますが、15日の取引量は
かなり多かったようですね。

また、引用
>>各社は「いつ介入が入るか分からないので、
取引システム障害が起きないようにしっかり管理する」
(FX大手のマネーパートナーズ)と警戒。

とありますが、確かに利用者側としては大きく動く相場で
ポジ持っている状態では障害は恐怖ですから。
しっかりとした管理をお願いしたいです。
DMMは比較的安定していると思っているのですが、
外為どっとコムの件ありましたし・・・

そういえば、別FX会社の外為オンラインのほうで
[2010/09/17]【重要】当社名に類似した同業他社について
平素は外為オンラインをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
本日、当社と同業である外為どっとコム社に対し、
関東財務局より業務停止命令が発令されました。
外為どっとコム社は、当社および当社グループ企業とは
一切関係ございませんのでお間違いのない様、ご案内申し上げます。

というような告知が出ているようですが、問い合わせがあったのでしょうね。

(yahooニュース・時事通信)
為替介入でFXに「特需」=取引量、3倍の業者も
[ 2010年09月18日(土) 11時46分 ] 関連情報 | トラックバック(0) | コメント(1)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
つぶやきはじめました
来場者数。
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。